セブン銀行カードローンの審査時間は?借りたい人の

原則24時間おろせるって!?セブン銀行カードローン利用のメリット

アナタはコンビニにどのくらいの頻度で通いますか?

コンビニは24時間空いているところも多く、いたるところにあるため、学校帰りや仕事帰りに毎日寄っているという方も少なくないようです。

近年のコンビニでは様々なサービスが提供されるようになってきましたが、そんな中でも、多くのコンビニでATMが設置されています。

特にセブン-イレブンはセブン銀行のATMが設置されていて、実は大変便利だということをご存知ですか?

仕事の都合などで、銀行ATMの営業時間にお金をおろせない方も少なくないですが、実は、セブン銀行はお金を24時間おろせるのです。

今回はそんな便利なセブン銀行について調べてみました。

まずは基本を知っておこう!セブン銀行ってどんな銀行なの?

セブン銀行って聞いたことありますか?

もしかしたらあまりご存知ないという方もいらっしゃるかもしれません。

セブン銀行はセブン-イレブンなどを運営する「セブン&アイ・ホールディングス」の傘下のれっきとした日本の銀行なんですよ。

セブン銀行ってそもそもどうやってできたの?

セブン銀行といわれて真っ先に思い浮かぶのはセブン-イレブンなどに設置されているATMではないでしょうか。

実はそれは正解で、セブン銀行はATMサービスの提供に力を入れています。2016年時点で、有人の店舗は全国に6店舗なのに対し、ATMの設置台数は2万3000台を超えています。

では、簡単に、セブン銀行の沿革をおさらいしてみましょう。

  • もともとは株式会社アイワイバンク銀行だった

セブン銀行の大きな始まりは2001年に開業された株式会社アイワイバンク銀行です。

株式会社アイワイバンク銀行は、大手流通企業グループ「セブン&アイ・ホールディングス」がATM主体の銀行の構想をもとに設立されました。

その後、関係企業の店舗を中心にATMの設置などを加速させました。

インターネットをはじめ、携帯電話を利用したモバイル、や電話を利用したテレホンバンキングのサービスも始めましたが、テレホンバンキングは現在は終了しています。

2005年には初の有人店舗を開設したものの、同年「株式会社セブン銀行」へと名称を変更しました。

  • 株式会社セブン銀行となってからはますます飛躍を続けている

株式会社セブン銀行となってからは、ICキャッシュカードの導入をしたり、個人向けの定期預金の取り扱いを始めています。

その後、2007年には日本全国47都道府県にATMを設置しました。

また、2010年には個人向けローンサービスの提供を開始、2011年には海外送金サービスを開始しています。

現在では、ATMの拡充、個人向け口座サービス、有人店舗、法人向けのサービスなどを行っているのです。

個人向け口座サービスって?セブン銀行で何ができるの?

それではセブン銀行を利用して出来ることを個人向けサービスに絞っていくつかご紹介していきましょう。

  • 全国津々浦々のATMでは提携金融機関の取り扱いもOK

セブン銀行のATMが日本全国にたくさんあるからって、自分はセブン銀行の口座を持っていないから関係ないわ…なんて思っている方がいらっしゃいましたら、ちょっと待ってください。

セブン銀行ATMを活用しないのはもったいないですよ!

街中などに設置されているATMはその銀行のカードじゃないと引き落としができないなんていうこともありますよね。

しかし、セブン銀行ATMの場合、提携している金融機関ならキャッシュカードやローンカードを利用して、お金を引き出したり、返済したりすることが可能です。

2016年現在では590社にのぼる金融機関と提携していますので、きっとあなたの利用しているカードも使えるのではないでしょうか。

また、提携している金融機関の中にはATM手数料無料としているところもあります。そういったところのカードをお持ちの場合は、わざわざその銀行のATMまで行かなくてもお近くのコンビニやスーパーに設置されているセブン銀行に買い物ついでに寄ればよいのです。

  • 様々な個人向け口座サービスで生活に活用できる

セブン銀行は、もちろん個人の口座を開設することが可能です。「普通預金」と「定期預金」があります。

それだけではなく、口座振替、デビットカードや、カードローンサービス、海外送金などにも対応してくれるのです。

また、ネット決済なども利用できるため、インターネットを利用したお金のやり取りをしたい方にも便利な銀行だと言えるでしょう。

新スタンダード?WEB活用で便利に利用できるセブン銀行3つの特徴

セブン銀行は、店舗からでも口座開設の申し込みができますが、店舗は首都圏や愛知県、福岡県など数カ所しか今のところありません。

なら、申し込みはどうしたらいいの?とお思いかもしれませんが、セブン銀行の基本的なやりとりはWEBを通して行われているのです。

近年増えてきたWEB上での口座開設の申し込みや管理ですが、これからの銀行との付き合い方の新しいスタンダードになりつつあると言われています。

そして、セブン銀行でもWEBを利用して様々な事を行えます。特に便利に活用できる特徴を3つご紹介しましょう。

口座開設やカードローンの申し込みがWEBから行えます!

銀行で口座を開こうと思ったら、まずその銀行まで赴いて口座を開かないと…とお思いの方も多いのではないでしょうか。

そうなってくると仕事の都合で中々行けない…と悩んでしまう場合もありますよね。

しかし、心配いりません。

セブン銀行の場合は、口座開設をはじめ、カードローンの申し込みなどあらゆる申し込みをWEB上で行うことができます。

セブン銀行で口座を開設する場合は、以下のような流れになります。

メールアドレスを登録する

メールに送付されたアドレスにアクセスし、申し込み内容を記入する

郵送されるキャッシュカードを受け取る

利用開始登録を行う

以上の4ステップで完了します。身分証明書などはキャッシュカードの郵送時に配達員に免許証などの身分証明書を提出することで完了するため、基本的には書類のアップロードなどは必要ありません。

WEBを利用して取引や各種って続きが出来る

セブン銀行ではダイレクトバンキングサービスを利用することが可能です。

ダイレクトバンキングサービスとは…

パソコンやスマートフォン・携帯電話からWEBを通して残高照会や振り込みなどATMを通して行えるサービスが利用できたり、暗証番号の変更など各種手続きを行えたりするサービスのことです。

セブン銀行のダイレクトバンキングサービスでは主に、以下の内容を利用することができます。

  • お振込み
  • 残高照会
  • 定期預金
  • 各種変更手続き
  • 紛失時の手続き
  • 暗証番号不明時の手続き
  • ローンサービス
  • ポイントサービス
  • 海外送金サービス

ご自分の空いた時間に簡単に管理できますから、大変便利なサービスと言えます。

キャッシュカードのみの発行で通帳は発行されません

セブン銀行の大きな特徴の一つに、通帳が発行されないということがあります。

ネット専業銀行などでもよく見られるサービスですが、セブン銀行でも、履歴などの管理はWEBを通して閲覧することになります。

口座を開設されたすべての方にキャッシュカードのみが発行されるのです。

ただし、明細をきちんと紙で確認したいという方向けに有料ではありますが、利用明細の郵送サービスなども行われています。

原則24時間おろせるってホント?セブン銀行ATMの2つポイント

セブン銀行ってコンビニのセブン-イレブンにも設置されていますよね。コンビニと言えば24時間営業だけど、さすがにATMは違うんじゃないの?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

セブン銀行ATMには実は特出すべきポイントが2つあるのです。

セブン銀行ATMなら原則24時間おろせるから便利!

コンビニに設置されているセブン銀行ATMをはじめ多くのセブン銀行ATMは原則24時間365日お金をおろすことが可能です。

ただし、商業施設やスーパーなどの閉店時間があり、ATMが店舗内にある場合は、それらの閉店時間以降は入ることができませんので利用はできません。

また、システムメンテナンスなどの時期の場合は、一定の時間利用できないということもあり得ますので、そのあたりは注意しましょう。

しかしながら、通常の銀行ATMとは違い、24時間利用できるというのは大変便利ですよね。

もちろん、お金をおろせるだけではなく、預け入れもできますし、カードローンの借り入れや返済も可能です。

また、提携金融機関によって異なりますが、中にはほぼ24時間対応しているというところもあります。

「お金をおろしたかったのにもう夜中!」なんていう事態の時には、ご自分のお手持ちのキャッシュカードなどがセブン銀行ATMで何時まで対応しているか調べてみましょう。

セブン銀行ATMを利用しての手数料は土日でも日中無料!

コンビニのATMを利用するときに気になるのって手数料ですよね。

実はセブン銀行の口座をお持ちの方がセブン銀行ATMを利用される場合、日中のATM手数料は無料なのです。

日中というのは午前7時から午後7時までとなっています。

この手数料無料の凄い所は、日中の時間内であれば、平日だけではなく、土日祝日でもATM手数料が無料という点です。

通常の銀行ATMの場合、自分の口座からお金を引き出すのに、土日祝日は手数料が取られたり、手数料無料になるには一定の条件を満たす必要がある場合もありますよね。

セブン銀行の場合はそのような事は一切ありません。時間内さえ守れば、引出に関して手数料は無料なのです。

もちろん、預け入れや残高照会は常に手数料無料なので安心してくださいね。

振込の場合は既定の手数料が必要となりますので注意しましょう。

預貯金だけじゃない!セブン銀行の利用でnanacoポイントゲット

最近は「電子マネー」を利用する方も増えてきました。

どなたも活用されている電子マネーの1つくらいあるのではないでしょうか。

大変便利な電子マネーですが、「セブン&アイ・ホールディングス」もnanacoという電子マネーを取り扱っています。

セブン銀行のデビットカード利用でnanacoポイントが貯まります!

セブン銀行ではデビット機能付きキャッシュカードを取り扱っています。

デビットカードとは…

銀行に開設された預金口座と紐付けられた決済用のカードのことです。クレジットカードとは違い、支払いの際に直接口座から決済するため、口座の残高以上の金額の買い物はできません。基本的にはキャッシュカードと一体型になっています。

このデビットカードを利用した時に電子マネーnanacoのポイントが付与されるのです。

ポイント率は0.5%~1.5%で、それとは別にデビットカードを月に1回以上利用すれば1ポイント追加されます。

セブン銀行の口座の利用でも!nanacoポイントが貯まります

デビットカードの利用で貯まるnanacoポイントですが、それ以外にも口座を活用することでポイントを貯めることができます。

簡単にまとめてみました。

給与・賞与の受け取り口座に指定 1件2万円以上(月5件まで)
nanacoポイント10/件
携帯電話料金などの引き落とし クレジットカード代金や保険料など【公共料金は一部除き不可】
nanacoポイント10/件
振込出金 セブン銀行・他行あての振込出金
nanacoポイント10/件
仕送り等の振込入金のお受取り 上限月5件
nanacoポイント10/件
オムニ7の利用 上限月5件
nanacoポイント10/件
海外へ送金サービス 上限月5件
nanacoポイント10/件

こうしてみると様々な事でポイントが貯まることが分かります。

ただし、セブン銀行では一部を除いた公共料金の支払いはできませんので注意しましょう。

メインバングをセブン銀行にし、デビットカードを利用して買い物をしたり、電子マネーをnanacoに絞って利用すれば、ポイントも効率よく貯まりますし、便利に利用できるかもしれませんね。

閉じる
閉じる