セブン銀行カードローンの審査時間は?借りたい人の

どうすればいい?セブン銀行カードローンの解約方法について

カードローンは、冠婚葬祭費用が必要になった、生活上での出費が今月だけ特出してしまった、欲しいモノがあるがお金が足りない、など、急な出費の際にはとても便利なものです。

しかし、時として「今は必要がない。」という場合もあるかもしれません。借金をしていたら完済する必要はあるのですぐにできるとは限らないのですが、状況によっては残念ながら解約が必要なこともあります。

セブン銀行の場合、小口ということで解約するまでもないと思う人もいるかもしれませんが、(逆に銀行としては残念だけれど)だからこそ必要ないと判断する人もいるかもしれません。

セブン銀行のカードローン契約の解約について考えてみたいと思います。

セブン銀行は支店がないネット手続きがメインの銀行

セブン銀行は、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」と「イトーヨーカドー」の会社が共同出資によりできた銀行です。当初は、アイワイバンク銀行の名称でしたが2005年に今の「セブン銀行」に変わり、今に至ります。

セブン銀行の特徴としては、やはりATMの存在で、誰もがコンビニにあるATM=セブン銀行という印象を持っていると言えます。ですので、ATM操作でお金の出し入れはするけれど、主にそれだけ?と疑問に思ってしまう人も多いかもしれません。

実際にない為支店名は花の名前!開設時期で支店が決まる

セブン銀行は、基本的に支店を持っていません。

一般的に銀行と言えば、各地域に支店があって、支店のATMも使えるし、細かいことは支店内の窓口で聞いたり手続きをしたり、というのが当たり前となっているものです。

しかしセブン銀行の場合、口座開設からしてインターネットが中心のため、口座開設の月で花の名前をつけて、それを各支店としています。

口座開設月 支店名
1 月 マーガレット支店
2 月 フリージア支店
3 月 パンジー支店
4 月 チューリップ支店
5 月 カーネーション支店
6 月 アイリス支店
7 月 バラ支店
8 月 ハイビスカス支店
9 月 サルビア支店
10 月 コスモス支店
11 月 カトレア支店
12 月 ポインセチア支店

好きな花があれば、その時に口座申し込みするのもいいかもしれませんね。

支店はないが店舗はある!しかし、できることは少ない

支店と言うものはないのですが、店舗は全国で6店舗あります。ここには専門のスタッフがいます。

店舗名 営業時間
葛西店(東京都) 10:00~20:00
川崎アゼリア店(神奈川県) 9:00~17:00
蘇我店(千葉県) 10:00~20:00
川口店(埼玉県) 10:00~20:00
名古屋・栄店(愛知県) 10:00~18:00
福岡店(福岡県) 9:00~17:00

店舗でできること

  • 口座の申し込み
  • 住宅ローンの相談(銀行代行業務)

店舗に設置されたパソコンを利用することにより他にもできることはあります。

  • 海外送金サービス
  • セブン銀行以外の銀行の口座開設申込み 他

他には店舗としてイベント等を行うこともあるようです。

口座開設時に同時にカードローンを申込みすると後が楽?

そもそもが口座開設もネットでの手続きによって行われるのですが、カードローンに関してもネットでの手続きになります。

というよりも、口座開設と同時に申し込みもできます。

もちろん、必要ないと言う人までカードローンの申し込みをすることはないのですが、消費者金融や他の銀行と比較してみるとわかるように融資額もかなり小額になっています。

ならばちょっとお金に困った時に使える、しかし使いすぎることはないだろう金額なので、「申し込んでおこうかな。」と言うのもありかと思います。

発行されるカードも普段使うキャッシュカードをそのまま使う形になるので、回りにカードローンを使っているとバレる心配もありません。

もちろん、「カードローンは必要ない」という人はそのまま口座開設のみ申込みすれば大丈夫です。

カードローンの審査は最短10分だがタイミングによっては次の日に

よくカードローンの申込みで「即日融資」があるのですが、セブン銀行の場合、どうでしょうか。

セブン銀行の場合、すでに口座があってカードローンのみ申し込む場合、これらの点が申込み時の特徴となっています。

  • 提出書類の必要はない
  • 在籍確認はない
  • 審査は最短で10分

これらだけ見ると、審査がかなり緩い印象を持つかもしれません。審査とは形だけ?と思う人もいるかもしれません。そんなことはありません。審査はきちんと行われます。

ただ、本人確認など基本的な点は口座開設時に行われているから省かれていると考えていいかと思います。とはいえ、在籍確認は絶対ないとは言い切れません。場合によっては、電話が掛ってくるので安易に考え過ぎるのも問題だと思います。審査なので、落ちることだってあります。

審査も最短10分とあるのですが、「最短」でです。ネット申し込みとはいえ、基本的に受付時間が決まっており、申し込みのタイミングによっては次の日になるなど、必ずすぐに審査結果が出るとは限りません。

申込時間 審査回答時間
平日・土日祝日0:00~9:00 当日9:00以降順次
平日9:00~20:30
土日祝日9:00~15:30
申込完了後原則30分以内
平日20:30~23:59
土日祝日15:30~23:59
翌日9:00以降順次

  
※申込時間は、申し込みが完了している状態とします。
※場合によってはこの時間内に回答出来ない場合あります。
※システムメンテナンスの為、毎月第3日曜日23:30~翌日5:30は、ダイレクトバンキングが利用できない為、申し込みができません。
※年末年始(12/30の20:30~(土日祝日の場合は15:30~)1/3まで)の申し込みの場合は、1/4の9:00以降の回答になります。

今は即日融資を謳っている所も増えましたが、基本的に銀行はカードローンの審査回答までに時間がかかることが多いです。しかし、セブン銀行の場合、かなり早く対応してくれると思っていいかもしれません。

カードローンは口座開設と同時申込の方が手続きが1度にすんで楽?

先にも述べたようにセブン銀行では、口座開設時にカードローンの同時申し込みができる旨が説明されています。もちろん強制ではないですし、案内をしている程度ですので無理に考える必要はないのですが、少しでもいいかな、と思うと手続きが1度にすむので楽ではあります。

既に口座があってカードローンのみの申し込みの場合、さほど時間が掛らないだろうことは説明しました。(状況によっては時間が掛ることもありますが)

口座開設とカードローン同時申込の場合はどうかというと、やはり口座開設に時間が掛かることもあり、またカードローンもそれに付随して利用できるまでに時間が掛ります。

利用できるまでの目安としては、2週間程度かかるようです。(キャッシュカード発行まで約1週間、その後ローン契約まで数日~1週間程度)

ただ、時間は掛るのですが、手続きとしては1度の流れで済むので、(改めて申し込む必要はないので)最初は面倒かもしれませんが、ある意味楽かもしれません。

それ以前に忘れてはいけないのは、口座開設と同時の場合は特にですが、カードローンの申し込み条件や審査があることです。場合によっては、カードローンの審査に落ちることもありえます。その際は、改めて口座開設の申し込みだけとなります。

やはりいらない?カードローンを解約したい時はまずは完済が必要!

カードローンの申し込みをしてみたが「やはりいらない。」「利用したが今後は使う予定はない。」と判断される人もいるでしょう。別の大口の融資が必要になり、そちらの審査を考慮すると、セブン銀行のカードローンの契約はない方がいいと判断することもあります。

もはや不要と判断した場合、解約はどのようになっているのでしょうか。

それ以前に、これはセブン銀行だけではなく、カードローン全体に共通して言えることですが、まずは解約するまえにしなければいけないことがあります。

それは、借り入れを完済することです。

完済しなければ、解約はできません。これはセブン銀行に限ったことではありません。借りたものは返すのは当たり前と言えるのではないでしょうか。

その上で解約手続きに進むことができるのです。

カードローンのみを解約する場合と口座も含めて解約する場合も同じ?

ローンも全額返済し終え、結論として解約となった場合、方法はこちらになります。

解約するもの 方 法
カードローンのみを解約する場合 テレホンセンターに電話する
口座もカードローンも両方解約する場合 テレホンセンターに電話する

  
わかりやすいように両方並べて書いたのですが、どちらにしても同じ「電話をする」ことが必要です。

解約に関しては、ネットやATMでは対応していません。

この場合、ネットを使うわけではないので、対応時間に気をつけてください。

オペレーター対応時間 8:00~21:00(年中無休)

その後は、オペレーターの指示により手続きを進めていくことになるのですが、手順としては、解約申込書が郵送されるので、それに記入して提出していくことになります。

口座解約の場合、預金が残っていれば利息を計算後、他の銀行の本人名義口座に振り込みをしてくれます。(手数料はセブン銀行負担)また、定期預金があった場合、それも中途解約になります。

最初にセブン銀行は、支店はないが店舗はあると説明しました。「ならば店舗で手続きできるのではないか」と思うかもしれませんが、できないと考えてください。解約に関しては、電話対応のみです。

なお、カードローンの解約証明書や完済証明書は発行されません。

ただし、「融資・利息・返済金計算書」は発行することができます。詳細については、電話問合せ時に、ついでに聞いておくのが後で困らないでしょう。

そして「やはりあった方が良かった」と思っても、一度解約すると、それを取り消すことはできません。改めてもう一度カードローンの申し込みをするしかないのです。

【こちらの記事も参考に!】
使わない時は解約を!セブン銀行カードローンの利用をやめたい方へ

小口だから便利!しかし必要か不要かは自分で判断する必要がある

セブン銀行は、そもそもが支店を持っていない銀行と説明しました。その為、銀行としてはサービス内容が他に比べて少ないように感じる人もいるかもしれません。

ATM利用に関しては、手数料が掛らない、24時間いつでもお金が引き出せるという魅力があります。そこがセブン銀行の特徴とも言えるので、デメリットに感じるところは、利用者の使い勝手もあるかもしれません。

カードローンに関しても同様で、「大口融資の方が自分には助かる。」「自分としては別の方が相性がいい。」など、セブン銀行以外のカードローンに魅力を感じる人もいるでしょう。

逆に、セブン銀行のカードローンの方が「小口の方が使いすぎず嬉しい。」「24時間手数料が掛らないのがいい。」という人もいるでしょう。

どちらがいいのかは、その人その人で違うものです。自分と相性のいいカードローンを選び、利用するのが一番です。セブン銀行のカードローンもその特徴を知って、その上で判断されるのが一番でしょう。

閉じる
閉じる