セブン銀行カードローンの審査時間は?借りたい人の

使わない時は解約を!セブン銀行カードローンの利用をやめたい方へ

セブン銀行カードローンを契約して使っていたけど、最近使ってないな〜。という方もいますよね。カードローンを解約したい!と考えている方も多いかと思います。ここではセブン銀行カードローンの解約方法についてご紹介していきましょう。

セブン銀行カードローンの利用には、セブン銀行の口座も必要不可欠なので、契約をする際には口座を開設することになります。カードローンを解約するだけではなく、口座も解約したいという場合は、また別の手続きが必要になるのでご注意くださいね。

また、解約手続き後にもう一度セブン銀行カードローンを使いたくなることもありますよね。そのような場合の手続きも含めてお話ししていきましょう。

完済が必須!セブン銀行カードローンを解約する時のルール

まずはセブン銀行カードローンの解約をする方法からご紹介していきたいと思います。セブン銀行カードローンをもう使わなくなった場合、解約をしたいという場合は、カードローンの解約手続きを行っていきましょう。

けれども、すぐにカードローンを解約できるわけではありません。解約手続きをするにも様々なルールがありますので、しっかりチェックしておきましょう。

解約するならあらかじめ完済を

セブン銀行カードローンを解約したい!という時は、みなさんが今借りているお金をすべて返済する必要があります。

全額返済してからでなければ、セブン銀行カードローンを解約することはできません。まずは完済することを考えましょう。

  • カードローンで借りたお金を返す
  • 完済したあとはお金を借りない
  • 利息も含めて完済できたら解約手続きを

利息を含めた返済金額をすべて返すことができたら、解約手続きへと進むことができます。「まだ完済していない…」という場合は、完済することから始めていきましょうね。

解約手続きの連絡はテレホンセンターへ

無事にカードローンの借り入れ金額を完済することができたら、解約手続きを行っていきます。まずはセブン銀行の「テレホンセンター」に連絡をしてください。

セブン銀行ではコールサービスが提供されていますが、解約手続きをしたい場合もコールサービスを利用してください。

あとはテレホンセンターのオペレーターの指示に従って手続きを行っていきましょう。

カードローンを解約した後は、セブン銀行カードローンでお金を借りることができなくなりますので、本当に解約してもいいのか、よく考えてから手続きを行ってくださいね。

カードローンと同時に解約したい!セブン銀行口座の解約方法

セブン銀行カードローンの解約をしたい場合は、上記の手順で手続きを行ってください。また、カードローンだけではなく、セブン銀行の口座もいっしょに解約したい!というみなさんもいますよね。

カードローンの解約と口座の解約はそれぞれ別の手続きが必要となります。セブン銀行の口座も同時に解約する場合は、次でご紹介する手順で手続きを行っていきましょう。

手続きに必要な「解約申込書」

セブン銀行の口座を解約する際には「解約申込書」が必要となります。まずはカードローンの解約手続きと同様に、テレホンセンターまで口座解約の旨を伝えてください。

その後、セブン銀行から口座の解約申込書が郵送されますので、必要事項をすべて記入して返送しましょう。

解約申込書がセブン銀行側に届き次第、口座の解約手続きが行われます。

ちなみにセブン銀行カードローンなどでダイレクトバンキングを利用している時は、本人確認書類も併せて送付する必要があります。運転免許証などの本人確認書類も準備しておくようにしましょう。

口座は残しておくという選択も◎

カードローンも口座も解約したい!という場合は、両方の解約手続きを行えばOKですが、カードローンを利用することをやめたいだけなら、セブン銀行の口座は残しておいても良いでしょう。

  • 普通預金口座として使う
  • 万が一のために残しておく
  • 再度カードローンを契約する時に利用する

現段階ではカードローンの利用はしないとしても、またカードローンを使いたくなることもあるかもしれませんよね。そんな時、口座が残っていると、カードローンの契約手続きもスムーズに進みます。

その他、普通預金口座として利用することもできますし、万が一のために口座を残しておくという選択を取っても構いません。必要に応じてセブン銀行の口座を活用することもおすすめです。

解約は取り消せない!またお金を借りたい場合は再度申込みを

セブン銀行カードローンの解約方法、セブン銀行口座の解約方法については以上のようになります。解約手続きを終えた後は、解約の取り消しをすることはできませんので、ご注意くださいね。

「カードローンを解約したけど、やっぱり解約するのやめます!」ということは不可能です。

もう一度セブン銀行カードローンを使いたい、口座を開設したい、という場合は、再度申込みの手続きが必要となっています。

本当に解約するべきかよく見直して

セブン銀行カードローンを解約する場合も、セブン銀行の口座を解約する場合も、勢いに任せて手続きをするのではなく、よく考えてから解約をすることをおすすめします。

一度解約をしてしまうと、解約を取り消しすることはできません。「本当に解約するべきか?」よく見直してみましょう。

  • またお金を借りる機会があるかも
  • カードローンはあった方が便利かも
  • 口座もあった方が何かと助かるかも

このように、セブン銀行のカードローンと口座の使い道をもう一度考え直してみることが大切です。「あの時、解約しなければよかった…」ということにならないよう、冷静になって解約するべきか決めてくださいね。

解約したことで気付く大切なこと

もちろん「カードローンも口座も本当に解約したい!」という場合は、速やかに手続きを行っていきましょう。

特にこれまでカードローンに頼ってばかりだったみなさんは、解約することで何か大切なことに気付くかもしれませんね。

  • 無駄遣いが多かったことに気付かされた
  • お金の使い方を見直すきっかけになった
  • 返済が負担になっていたことがわかった

カードローンは正しく利用すれば便利なものですが、ついつい無駄遣いをしてしまったり、そのせいで返済負担に追われてしまったり、デメリットが生じることもあります。

カードローンを使うことを敢えてやめることによって、お金の大切さに気付くこともありますので、解約をしたい場合は潔く解約してしまった方が良いでしょう。

もう必要のないカードローンはこの機会にスッキリ解約!

セブン銀行カードローンはあると便利なサービスです。上手に活用することで金銭面のサポートにもなりますし、みなさん自身の気持ちも楽になりますからね。

けれども「もうカードローンは必要ないな」と思った時は、解約をしてしまうこともおすすめです。もちろん完済してからでなければ解約はできませんので、まずは今ある借金をスッキリさせることから始めていきましょう!

閉じる
閉じる