セブン銀行カードローンの審査時間は?借りたい人の

成長中のセブン銀行カードローン!他銀行カードローンと徹底比較

カードローンは審査が厳しかったり、システムが難しいと思ったことありませんか?セブン銀行のカードローンは、定期的な収入がなくても申し込め、シンプルな借入&返済システムで、セブン銀行の口座を持っていれば最短10分で融資してもらえます。

セブン銀行のカードローンは、借入できる限度額が最高50万円までという低額融資が特徴で、借りすぎを防げるところも良いですね。どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか?他の銀行カードローンとどんなところが違うのか、これからご説明しましょう。

セブン銀行カードローンの借入限度額は、3種類のみ!

セブン銀行のカードローンの申し込みは、ダイレクトバンキングサービスのみです。ダイレクトバンキングサービスとは、インターネット上で取引したり管理できるサービスです。

借入限度額は10万円、30万円、50万円の3種類です。最高限度額が50万円でこれ以上は借りることができないため、借りすぎて首が回らないなんてことを防げます。

少額融資が特徴です。限度額の増額も、ダイレクトバンキングサービス内で申し込みます。増額は、新規契約から2ヶ月以上経過していて、現在も取引中の人に限ります。ログインしてメニューを選びます。

利息は一律15%で、借入が10万円以内でも50万円でも15%です。

セブン銀行とはセブン&アイ・ホールディングスが運営する銀行です

大手銀行カードローンと比較するとやや高めですが、消費者金融のカードローンと比較するとやや低めです。セブン銀行のATMは、大手コンビニチェーンのセブン-イレブンの中で見かけるのでご存知の方も多いでしょう。

預金者と預金総額も年々増えており着実に成長している銀行です。ATMをメインに力を入れていて、個人向けのサービスに特化しています。取引には通帳がなく、手続きはインターネットで完結するようなシステムを採用しています。

インターネット専用のバンクではなく、大手銀行とも違う独自のカラーで展開しています。例えば、わざわざ銀行に出向かなくても、セブン-イレブンのATMに行けば、またはインターネット上で24時間取引できることが強みの1つです。

最短10分即日融資!収入証明、本人確認書類、在籍確認なし

セブン銀行のカードローンにも審査があります。セブン銀行の口座を既に持っている人は、本人確認書類などの提出は必要なく、最短10分で審査が終わり、問題なければすぐに融資してもらえます。

セブン銀行の口座を持っていなければ、カードローンを組めないことになっているので、セブン銀行の口座を作ることから始めることになります。手続きとしては、口座開設と同時にカードローンを申し込めます。

新規口座を作るには、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。

キャッシュカードが郵送で届くのを待って、それからカードローンの審査に進めるので、融資までに通常1週間〜2週間かかります。セブン銀行のカードローンの審査には、収入に関する確認がありません。

つまり収入証明書の提出がなく、在籍確認もありません。安定した収入がない人やアルバイト、無職の主婦でも申し込めます。在籍確認がないので会社が休日で電話が通じない日でも、連絡しないので問題ありません。

担保や保証人不要!アコムから保証が受けられることが条件

審査から融資まで最短10分というスピーディな対応は、セブン銀行の強みです。ただし、収入に関する確認がないため審査のハードルが低いといっても、誰でも審査通過できるというわけではありません。他で借入が多い人は審査通過できないことがあります。

アコムを保証会社にしているので、アコムで審査通過できなかった人は避けるのが賢明です。申し込み可能年齢は、満20歳〜70歳までです。

365日24時間対応!お金の受け取りはATMかインターネット上で

お金の受け取りは、セブン銀行のATMか、ダイレクトバンキングサービスで受け取ることができます。基本的には、メンテナンス時を除いて365日24時間対応ですので、最寄りのセブン銀行のATMがあるかインターネット環境にいさえすれば取引できるので便利です。

システムメンテナンスで使用できない時は、セブン銀行のATMだと、毎月第3日曜日の翌日0:30~5:30の間です。ダイレクトバンキングサービスでは、毎月第3日曜日の23:30~翌日5:30の間が使用できません。

さすがに大手流通チェーンのセブン-イレブンですので、セブン-イレブンのATM数は多いです。一般の人もよく利用するATMですので、誰にもバレずに借入や返済をすることができます。

定額引き落としだから安心!返済額は毎月5,000円か1万円

借入限度額が10万円の人は、実際の借入額が1万円でも10万円でも毎月5,000円が返済額になります。5,000円と決まっています。借入限度額が50万円までの人は、毎月10,000円が返済額になります。

借入限度額が30万円の人も同じ毎月10,000円が返済額です。実際の借入額が11万円でも28万円でも50万円でも毎月1万円の引き落としと決まっています。借入残高から支払い額が決まるのではなく、残高に関係なく5,000円か1万円のどちらかです。

返済方法は、基本的には自動引き落としかセブン銀行のATMからになります。

自動引き落としの場合は、毎月27日に引き落としになるので、それまでに残高が足りなくならないように最低返済額を入れておくといいです。初回だけ引き落とし日が違う場合があるので、要確認です。

返済にかかる手数料は無料です。返済予定日を知らせてくれるサービスがあるので、返済日を忘れないように利用すると便利ですね。ダイレクトバンキングサービスで、通知メールサービスの設定をしましょう。

迷惑メール対策をされている人は、セブン銀行からのメールを受信できるようにドメイン指定受信などあらかじめお手持ちの端末でも設定しておきましょう。

またその月はもっと多く返済したいという人には、臨時返済や増額返済ができます。手数料無料で24時間取引可能ですので、臨時返済や増額返済をこまめに利用すると、返済期間が短くなるので返済総額が減ります(利息が減ります)。

ここが違う!他銀行カードローンと比較のまとめ

返済額が5,000円か1万円というシンプルな返済プランは分かりやすく、セブン銀行カードローンの最大の独自のシステムです。少額の借入の人にとっては割高な返済額に感じるかもしれませんが、多額の借入の人にとっては優しいプランでしょう。

ただし利息が15%と割高で、大手銀行カードローンを利用した場合よりも返済総額が大きくなるので、長い期間で返済していると返済総額がかなり大きくなることを忘れずに!

なるべく早く完済することをお勧めします。カードローン申し込み時に本人確認書類や収入証明書の提出がなく、全てインターネット上での取引なので気軽に始められると思われるかもしれませんが、裏を返せばサポート対応はあまり期待しない方がいいでしょう。

また他の銀行によっては、初回30日利息0円などのキャンペーンがありますが、セブン銀行のカードローンには一切ありません。

口座振替などの取引でnanacoポイントが付与されます

セブン&アイホールディングスの施設を頻繁に利用する人はnanacoカードを活用しましょう!

nanacoポイントとは、電子マネーに交換することができるサービスです。セブン&アイホールディングスの施設には、セブン-イレブンの他に、イトーヨーカドー、西武百貨店、そごう、デニーズなどがあります。

緊急な出費で少額必要だとか、手軽さと審査の甘さを重視するならセブン銀行のカードローンは適しています。常習的に利用したいとか借りたい金額が大きい場合は、もっと利息の低い銀行カードローンを選ぶ方が良いでしょう。

閉じる
閉じる