セブン銀行カードローンの審査時間は?借りたい人の

審査落ちにならないために…セブン銀行カードローンで見る審査対策法

手軽に使えて便利なカードローン、今やほとんどの金融機関で取り扱っています。たくさんある中から、どのカードローンを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そんな手軽なカードローンですが、申し込んでみたら審査に落ちた、という話はよく聞きます。審査落ちの理由が分からない人もいるかと思います。

このような審査に通らない理由とは何なのか、今回はセブン銀行のカードローンを例にして説明していきます。併せてセブン銀行の特徴や申込方法もご紹介します。

カードローンを申し込んだけど審査に通らなかった、ということのないように、審査基準や日頃から気を付けておいた方がいいことなどを、分かりやすく説明できればと思います。

落ちた理由が分からない…カードローンの審査とは

カードローンに限らず、あらゆるローンの借り入れやクレジットカードを申し込んだ際にも、誰もが例外なく申し込み時に審査を受けます。

お金を借りますよ、その代わり利息を払いますよ、といっている利用者に対し、なぜ審査という時間と手間のかかることをするのでしょうか。また、そもそも審査とはどのようなものなのでしょうか。

一番の目的は金融機関のリスク回避

銀行にしても消費者金融にしても、金融機関も利益を得るために経営している企業なので、収益を求めるのは当然です。金融機関の利益は、ローンなどの利息になります。

だったら、たくさんの人に貸して利息をもらえばいいと思われそうですが、利用者の中には返済遅延や滞納をする人が少なからずいます。返済してもらえないということは、貸す側も利益が得られないということになります。

そのようなリスクを回避するために、ちゃんと返済してくれるか、返済遅延を起こす人ではないか、利息まで払える収入があるかなどを総合的に判断するために審査をしているのです。

何が調べられる?審査項目はここ

審査で気になるのは、一体何を調べられるのか、その基準とは何なのか、というところだと思います。審査項目や審査基準は、どの金融機関も同じと見ていいと思います。

  • 氏名
  • 現住所
  • 生年月日
  • 家族構成
  • 勤務先
  • 安定した収入があるか(年収)
  • 健康状態
  • 他にローンなどを利用しているか
  • 過去に金融事故を起こしていないか

これ以外にも細かい項目はありますが、申し込みをする際に記入する、住所や氏名、生年月日など、一般的に身元確認のために必要な項目は、ほとんどが審査対象になると考えてください。

金融機関としても、素性の知れない人にお金を貸すのは非常にリスクを伴うので、身元がしっかりしている人を選んでいるというわけです。

また、病気により支払が遅れたりしないか、完済まで健康でいられるかという、かなり立ち入ったことも調べられることがあります。日頃から健康状態にも気を付けることが必要です。

そしてなにより、申し込みの時点で金融事故を起こしていないということが一番重要な項目だと思います。金融事故というのは、支払うべきローンやクレジットカードの利用などで、支払遅延や滞納をすることです。

過去に金融事故を起こしていると、この人に貸して本当に返済してもらえるのか金融機関としても不安になります。そのため審査に通らないことが多いのです。

今はローンなど申し込まないという人も、お仕事をして収入を得て、日頃から健康に注意し、支払うべきものを支払って、将来に備えておいてください。

申し込みから借り入れまでをセブン銀行カードローンでみてみよう

それでは、申し込みからお金が借りられるようになるまでの流れを、セブン銀行カードローンのご紹介と共に説明していこうと思います。

セブン銀行カードローンは便利に使える

セブン銀行とは、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどの持ち株会社である、セブン&アイ・ホールディングスが立ち上げた銀行です。

セブンイレブンやイトーヨーカドーにATMを設置しているので非常に利便性がよく、深夜でも近くのセブンイレブンで通常手数料無料で引き出しができます。

カードローンは1種類で限度額も他の金融機関よりも低めですが、そんなに多くは借りないという人であれば充分ではないかと思います。

用途 基本的に自由
限度額 10万円、30万円、50万円
契約期間 1年(自動更新)
借り入れ 1,000円以上1,000円単位
返済(月々の場合) 利用限度額に応じて5,000千円または1万円
金利 変動利率(金融情勢に応じて随時見直し)
利息計算 日割り

主な特徴は上記になります。返済に関しては、定期的な返済の他随時返済ができるので、その分利息が安くなりお得です。金利は変動金利になるのでその都度サイトで確認した方がいいようです。

セブン銀行の口座を持っていない人は、口座開設が申し込み条件になりますが、前述の利便性を考えると開設して損はありませんし、月々の返済はセブン銀行の口座から引き落としされるので便利です。

申し込みから借り入れまでの流れをチェック

それでは、セブン銀行カードローンで申し込み方法から借りられる状態になるまでを見てみましょう。どの金融機関のカードローンでも手順は同じです。

  • インターネットで申し込み
  • 審査(最短10分)
  • 契約
  • 借り入れ可能

最近は、ネット申し込みのみというところも多いですが、実店舗を持つ金融機関ですと店頭や無人契約機での申し込みが可能だったりします。

審査については、カードローンの場合長くても1時間ぐらいです。各社スピード重視で最短10分と短時間でのところも増えています。平均で30分ぐらいでしょうか。

それでも審査はしっかりしているので、不備や問題があれば審査には通りません。審査に通れば晴れて契約ということになり、カードが発行されて借り入れできるようになります。

審査に落ちたらどうなるの…ブラックリストと信用情報

ここで審査について詳しく見てみましょう。そもそも審査とはどのようなものなのでしょうか。また、審査に落ちたらどうなってしまうのでしょうか。

審査ではここを見る!審査項目をチェック

  • 個人情報
  • 家族構成
  • 勤務先
  • 年収
  • 健康状態
  • 他社からの借り入れや支払遅延の有無

一般的にいわれている審査項目を並べてみました。金融機関によって基準や項目に違いはあるかも知れませんが、まずこのようなことを調べられると思っておいてください。

まず、申込書に記入する氏名や住所、生年月日などの個人情報は正確に記入しないと通りません。虚偽や記入ミスはしないようにしてください。

勤務先や収入状況は、返済してもらえるだけの余力があるかどうかと、身元保証の意味も含まれます。定職に就いていなくても安定的な収入があれば審査には通るようです。

家族構成や健康状態といった、およそローンとは関係なさそうな項目がありますが、返済まで健康でいられるか、家族関係で返済が滞ったりしないかといったことで調べていると思われます。

また、他の金融機関のローンなどの返済を滞納したりしていないか、というのも調べられます。こういった前科があると審査に落ちる可能性があります。

落ちたらブラックリスト?信用情報機関への登録

よくブラックリストに載ったらお金が借りられないといわれていますが、実は、ブラックリストというものは存在しません。あるのは信用情報機関に登録された事故情報です。

事故情報とは、カードローンやその他のローン、クレジットカード、各種公共料金の支払いを遅らせたり、滞納したりすることをいいます。

そういった事故情報が信用情報機関に登録されると、その後ローンなどを申し込んでも、審査に落ちる可能性が高くなってしまうのです。

信用情報機関とはどのようなもかというと、個人の信用情報を集め、その情報を金融機関に提供しています。金融機関は申込者の情報を得るために加盟しています。

団体名 主に加盟している金融機関
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行系
株式会社シー・アイ・シー(CIC) クレジットカードなどの信販系
株式会社日本信用情報機構(JICC) 消費者金融系

信用情報機関には大きく分けて三つあります。今回取り上げたセブン銀行は銀行系なので、少なくともKSCには加盟していると思われます。

事故情報は、新規でローンを申し込む際にとても影響を及ぼしますので、既に利用しているローンがあったら、返済は遅れないようにしてください。

審査に落ちないために…今すぐできる対策

セブン銀行に限らず、各金融機関は申し込みをした人の情報を収集し、その人が信用できる人かどうかを審査します。特に金融事故を起こしていると致命的です。

ローンはまだだけど…今からできる対策とは

  • 各種公共料金の支払いを忘れない
  • クレジットカードの支払なども気を付ける
  • 安定的に収入を得られるようにする
  • 健康に注意する

今の自分の状態をチェックしてみてください。普通に考えれば当たり前のことですよね。もし一つでも不安なことがあったら、今から気を付けておくようにしてください。

そして、もし申し込みをすることになったら、間違った情報や記入ミスをしても引っかかりますので気を付けるようにしてください。

金融機関に信用されることが一番大切

今まででお分かりのとおり、金融機関に信用されないとお金は借りられません。信用されなければ申し込んだとしても審査には通らないのです。

ローンなど申し込まないし自分は大丈夫、と思っていても、銀行の残高が足りなかった、振込を忘れた、ということがあるかもしれません。

ローンやクレジットカードを作るには、金融機関から信用されることが最も重要なことです。日頃からお金の管理はしっかりするようにしてください。

閉じる
閉じる