セブン銀行カードローンの審査時間は?借りたい人の

セブン銀行のカードローンの審査時間は短い!申込後いつから使えるの

セブン銀行のカードローンの審査時間は最短10分と言われこの点から言えばすぐに融資を受けられるように見えます。

申込みも土日を含めて24時間受け付けられていますが、審査を行っているのは日中に限られますから、申込み時間によっては、審査が翌日以降になる事があります。

ただし、セブン銀行のカードローンの場合預金口座を持っていることが前提になっており、申込みにはキャッシュカードが必要になります。

したがって、例えば申込み当日に利用するためには、あらかじめ預金口座を開設してキャッシュカードを作っておくことが前提になりますから、審査時間が短いと言ってもすぐに利用出来るとは言い切れません。

セブン銀行のカードローン審査時間は最短10分!申込条件を確認しよう

カードローンを申込む人の場合、急いでお金を作る必要が有る人もいて、申込後いつから融資が利用できるかを気にする場合が有ります。

申込みから融資までの時間は、通常は審査時間が短かければ短いほど、早くなります。セブン銀行の場合、審査時間は最短10分と言われ、カードローンの申込みに限れば30分程度で利用が始められます。

ただし、これには前提条件が有って、カードローンの申込みができるようになるまでに時間を要することが有って、利用者によっては利用までに一週間程度を要する可能性が有ります。

そこでまずセブン銀行カードローンの申込方法から調べていくことにしましょう。

セブン銀行のカードローンは誰が申込めるのか

セブン銀行の場合のカードローンの申込条件は次のようになっています。

  • セブン銀行に預金口座を持っていること
  • 年齢が20歳以上70歳未満であること
  • 所定の審査に通過すること

つまり預金口座を持っていない場合は、カードローンの申込みはまず預金口座を作ってからという手順になります。

預金口座の開設については後でふれますが、申込みから実際に開設されキャッシュカードが送られてくるまでに1週間から10日程度必要とされています。

したがって預金口座を持っていない人は、カードローンを利用できるまでにはそれなりの時間が必要ということになります。

セブン銀行のカードローンの申込方法

では口座を持っている、あるいは口座を新たに作ったとして、カードローンはどのように申し込めばよいのでしょうか。

セブン銀行の店舗はごく少数でネット銀行と呼ばれます。このため様々な手続きなどはインターネット上で行われることになります。そこで利用されるのが、ダイレクトバンキングとよばれるもので、Web上に設けられた窓口という位置付けです。

このタイレクトバンキングを利用するには預金口座を開設してキャッシュカードを受け取り、キャッシュカード上に記載されている情報によりログインする必要が有ります。

カードローンの申込みも、このダイレクトバンキングを利用することになるため、この点でカードローンの利用の前提として預金口座を持っている必要が生じるわけです。

ダイレクトバンキングにログインしたら、後はメニューにしたがって、ローンサービスと言うところを開き申し込み手続きを進めることができます。

セブン銀行のカードローンの場合、預金口座開設時に本人確認が行われるため、カードローン申込時には本人確認のための書類の提出は要求されません。このため申込みは非常に簡単な手続きで行うことができます。

一般的なカードローンの申込方法
通常カードローンを申し込む場合は多くの申込方法が提供されており、どのような申込方法を選ぶかは利用者に任されています。選択できる申込方法は金融機関によって違いがありますが、概ね次のような方法が有ります。

  • 窓口
  • 自動契約機
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • インターネット経由(パソコン、携帯電話、スマホ)

これ等は技術開発が進んで新しい通信方法が提供されるにしたがって、徐々に申込方法も提供されるようになり、カードローン分野の歴史の長い消費者金融はほぼすべてを提供しています。

しかしカードローンの後発組である銀行の場合には、窓口での対応が無かったり、一部を提供していない場合も多くなってきています。ネット銀行のようにインターネット経由だけに絞る極端なものも有ります。

審査時間は最短10分

申込みが行われれば審査に入りますが、審査時間は最短10分と言われていますから、申込んだらすぐに審査の回答が貰えて、そのままやはりダイレクトバンキングで契約手続きを行えば、すぐに利用することができます。

ただし、審査は最短10分と言っているだけで、必ず10分で終わると約束しているわけではありません。たとえば申込み時間にもよりますし、より本質的な問題として審査が難航すれば審査終了時間は遅れることになります。

場合によっては審査は否決になってカードローンの利用ができないという可能性も無いとは言えません。申込から審査結果の連絡までは、短時間でも長く感じるかもしれませんね。

【関連記事】
セブン銀行カードローンは即日融資できるの?最短で利用できる方法は

セブン銀行カードローンは何時申込めるのか?土日も利用出来るの?

またもう一つ気にしなければならないのは何時申込めるのかということです。どんなに良さそうなカードローンでも平日の営業時間内でなければ申込めないのでは、仕事を持っている人にとってはなかなか申込めません。

セブン銀行はネット銀行ですから、主にインターネット上に展開する銀行です。この点比較的自由に申込時間を設定できます。

ただし審査には人手が必要ですから、やはり時間的に制約が有ります。このため、審査は申込み時間によりいつ回答されるかが決まっています。

セブン銀行のカードローンはネットを利用して年末年始など一部期間を除いて土日でも深夜でも申込みが可能で、しかも審査は土日を含めて行っているため、非常に迅速に行われています。

平日の場合の申込可能時間と審査の回答

審査は技術進歩により多くの部分が自動化されていますが、最終的には人間が介在しなければなりません。このため年中無休で24時間審査が行えるわけではありません。

セブン銀行でも審査は申込み時間によって当日中に回答されるかどうかが決まっています。平日の場合の申込みと回答時間を次に示します。

申込み時間 審査の回答
0時~9時 9時以降審査が終了次第順次回答
9時~20時30分 原則として申込完了後30分以内に回答
20時30分~0時 翌日9時以降審査が終了次第順次回答

要するに20時30分以降の申込みについては回答が翌日になるということです。

土日の場合の申込可能時間と審査の回答

土日の場合はさすがに平日と同じというわけにはいかず、審査ができる時間が短くなっていますので、当日中に融資が必要というような場合には審査時間に注意しなければなりません。

土日の場合の申込みと回答時間を次にしまします。

申込み時間 審査の回答
0時~9時 9時以降審査が終了次第順次回答
9時~15時30分 原則として申込完了後30分以内に回答
15時30分~0時 翌日9時以降審査が終了次第順次回答

つまり土日の場合には15時30分までは平日と同じように対応されますが、それ以降は翌日の扱いということになります。

土日の扱い
以前は銀行の場合営業時間が9時から15時までをかたくなに守っていたため、その他の時間での取引は難しかったのですが、ATMなどが発達したため、手数料はかかりますが時間外でも取引が行われるようになりました。

しかしローンなどの申込というような審査が伴うような場合には、やはり時間外の扱いは有りませんでしたが、カードローンを扱うようになって徐々に対応が変わりつつあります。

申込みだけであればインターネット経由でいつでも行うことは可能になり、審査については試行錯誤と言った状況です。例えばATMコーナーにテレビ窓口というものを設けて土日でも対応するようなところも出てきています。

今後は利用者を確保するためにも、更に土日あるいは深夜への対応進んでいくのではないかと考えられます。

審査時間についての注意

ただしこの審査時間については例外が存在するので、注意しなければなりません。

まず申込者が込み合っていて審査が迅速に行えない場合には、申込終了から30分以内に審査結果の連絡ができない可能性が有るということです。

またシステムというものは障害が発生するものですから、時々メンテナンスを行って事前にそういうことが無いようにすることが必要です。

このためセブン銀行のシステムの場合毎月第3日曜日23時30分頃から翌朝5時30分頃までダイレクトバンキング自体が停止されるため、申込みができなくなります。

さらに年末年始は12月30日の20時30分(土日の場合は15時30分)以降の申込みの処理は1月4日9時以降に行われることになります。

お正月に急にお金が必要になっても、急には借り入れができないということです。

カードローン利用にはセブン銀行の口座が必要!利用方法を確認しよう

セブン銀行のカードローンはセブン銀行の預金口座を持っていることが前提になっているため、カードローンの申込みに際してはキャッシュカードが必要です。

そこでここではセブン銀行の預金口座を開設する方法について調べることにしましょう。セブン銀行はネット銀行ですから、口座開設もオンラインで行うことができますが、郵送による申込みも可能になっています。

申込みでは本人確認が必要になり、それぞれの方法で必要書類が決まっているため、申込みの前に調べて、用意しておくことが必要になります。場合によっては電話での確認も行われるので注意しなければなりません。

カードローン利用にはキャッシュカードが必要になる

先ほども触れましたがセブン銀行のカードローンの申込みはダイレクトバンキングが使えることが前提になっていて、そのためにはキャッシュカードに記載されている情報が必要となり、預金口座を開設しなければなりません。

申込んだ結果カードローンの契約を行ったとしても、セブン銀行では新たなカードを発行することは無く、キャッシュカード自体でATMから融資を受け取ることができるようになります。

この意味でもセブン銀行のキャッシュカードというのは店舗を持つ銀行に比べて役割が大きくなっていると考えられます。

カードローンは預金口座不要に向かう
以前はカードローンの利用の前提には同じ銀行に預金口座を持っていることが当たりまえだったのですが、最近の傾向としては預金口座を持っていなくても利用出来るという方向に進みつつあります。

これは要するに利用者を増やすという目的が有ると考えられます。たとえば口座が無ければ利用出来ないとすると、カードローンの利用希望者は現在持っている口座のある銀行に申し込みます。

しかしこれでは利用者が動かないことになって、なかなか利用者は増えません。そこで取り合えず口座無しでも申込ができるようにして、カードローンの利用を始めたら、次の段階として口座の開設などをしてもらえばよいと考えているのです。

セブン銀行の預金口座の開設方法

そこでカードローンの申込みの前提になる預金口座の開設方法について調べておきましょう。

まずセブン銀行の預金口座の開設方法には次の2つの方法が用意されています。

  • オンラインによる方法
  • 郵送による方法

オンラインで申込む場合には次の手順になります。

  • セブン銀行ホームページの口座開設ボタンをクリック
  • メールアドレスの登録
  • メール内に記載された申込手続きのリンク先を開く
  • 必要事項を入力して申込み
  • 本人限定受取郵便でキャッシュカード受取り(この時点で本人確認)
  • ダイレクトバンキングで利用登録

次に郵送による申込み手順は次の様になります。

  • セブン銀行ホームページの口座開設ボタンをクリック
  • メールアドレスの登録
  • 口座開設申込書と本人確認書類を郵送(この後の審査で本人確認)
  • 簡易書留郵便でキャッシュカード受取り
  • ダイレクトバンキングで利用登録

オンラインのほうが簡単ですが、オンライン処理に慣れていない人は郵送による申込みを利用してください。

本人確認はどのように行われるか

では手順の中でカッコ内で示した本人確認はどのように行われるのでしょうか。

まずオンライン処理で利用される本人確認方法は日本郵便が行っている本人限定受取郵便を利用したもので、必要となる書類は日本郵便が定めているものということになります。

この点ではセブン銀行は関与していません。したがって必要書類は日本郵便のホームページに記載されているものを用意する必要が有りますので、申込む場合には事前に確認して、用意しておいてください。

書留郵便は本人以外でも受け取ることが可能ですが、本人限定受取郵便というのは本人以外では受け取れませんから、注意してください。

郵送の場合には、本人確認書類を申込書に同封しますから、それによって本人確認が行われることになります。

ただしこの場合には書類だけではなく、電話による確認も行われるので、郵送したら電話に注意してください。

申込み当日に融資は利用できるか?事前に口座を用意しなければならない

さてそこで、申込者なら気になる申込み当日に融資が利用できるのかということですが、これには2通りの回答が有ります。まず1つ目が既にセブン銀行の預金口座を持っている場合、もう一つが持っていない場合です。

持っていれば、カードローンの審査最短10分という特徴を生かして、審査に問題が無ければ概ね30分程度で利用出来るようになる筈で、申込当日の利用が可能です。

口座が無ければ、まず口座を作って、次にカードローンの申込みという手順になりますから、キャッシュカードが届くのを待たなければならず、カードローンによる融資の当日利用は難しくなります。

即日融資の前提はセブン銀行の預金口座を持っていること

即日利用をするためには当日中に審査が終わって契約が行われなければなりません。

セブン銀行の場合口座を開設するために申し込んだあと、キャッシュカードを受け取るまでに、オンラインでの申込みの場合で約1週間、郵送の場合には概ね10日掛ることになっています。

したがって口座開設とカードローンの申込みを同時に行うとしても、手順として口座の開設から始まりますので、時間的に言って当日中に終わるというものではありません。

したがってセブン銀行のカードローンを申込み当日に利用するには、既にセブン銀行に預金口座を持っていることが前提になります。

短時間の審査という意味
最近は審査時間が短くなって10分とか30分とかで審査が終わることを売りにしている金融機関が増えていて、短時間と言えばこう金融機関を思い浮かべるのが普通ですが、これには注意が必要です。

確かに都市部で短時間と言えば申込み時間によっては即日融資も可能なものを指すと考えて間違いありませんが、一部の地方銀行では実はそうではない場合が有るのです。

短時間で審査結果を回答すると言っていても、実はその短時間というのが1日とか2日で審査を終えるという意味だったりするのです。

このため例えば即日融資のカードローンを探すのであれば、審査が短時間で終わると言っているだけではなく、即日利用することができるというところを探すようにした方が安心できます。

事前に預金口座を作っておくのも一つの方法

もし今は別に即日融資が欲しい訳ではないし、カードローンを利用しようとも思っていないが、将来場合によっては即日利用が必要になる可能性が無いとは言えないという場合は予めセブン銀行に口座を作っておくというのも一つの方法です。

ネット銀行というのは今のようにパソコンやスマホが普及して来ると、口座を一つ持っていれば便利ですから、まだネット銀行を利用していないという人はセブン銀行に口座を作っても良いでしょう。

しかしすでにいずれかのネット銀行に口座を持っているのであれば、口座ばっかり沢山持っていても仕方がないので、そちらの銀行のカードローンがどうなっているのかを調べて、そちらを利用することを考えたほうが良いでしょう。

預金口座が無ければ別業者の利用を考えよう

しかし、カードローンを利用することが目的なら何もネット銀行でなくても多くの銀行や消費者金融が利用できます。

特に即日融資が目的であれば、口座が無くても利用できるようなカードローンが有りますから、本当に急いでいるのであれば、そちらを狙ったほうが良いでしょう。

もっと言えばそもそも即日融資が必要な状態に追い込まれることに問題が有ります。追い込まれると、カードローンの選択肢が狭まり、例えばセブン銀行のカードローンが利用したいのに利用出来ないというような事態に陥ってしまうのです。

ですから、もし近い将来お金が必要になるという可能性が有るので有れば、予め準備をして、実際にそういう事態に直面した時に慌てなくて済むようにしておくべきです。

良いものを選ぶには先を見る目も必要ということでしょう。

ここでセブン銀行のカードローンの審査時間と利用開始がいつになるのかについて纏めておきます。

  • セブン銀行のカードローンの審査は最短10分
  • 申込みは年末年始などを除いて土日を含めて深夜でもOK
  • カードローンの申込みには預金口座を持っていることが前提
  • 即日融資を受けるためには予め預金口座の用意が必要

カードローンは何時から利用したいか、自分の考えを良くまとめて選んでください。

閉じる
閉じる