セブン銀行カードローンの審査時間は?借りたい人の

クレジットカードとセブン銀行カードローンではどちらがおすすめ?

今は銀行だけでなく様々な会社が金融商品を取り扱うようになりました。コンビニ「セブン-イレブン」で知られている会社も例に漏れず、銀行を設立、今のセブン銀行となっています。

一見ATMで便利なだけの銀行のイメージがあるかもしれませんが、カードローンも取り扱っており、キャッシュカードで利用できます。そして審査があるとはいえ、当然、ATMですぐにでもお金を借りることができます。

ならば買い物をしたい時、一般的なクレジットよりもセブン銀行のカードローンを利用した方がいいのでしょうか?セブン銀行のカードローンがどういうものか、見てみたいと思います。

どんな内容?セブン銀行のカードローンの商品概要について

セブン銀行は、言葉通りコンビニ「セブン-イレブン」で知られている株式会社セブン‐イレブン・ジャパンが、イトーヨーカ堂と共同して銀行営業の許可をとり、できた銀行です。最初は、「アイワイバンク銀行」の名称でしたが、2005年に今の「セブン銀行」になっています。

どうしてもコンビニ店舗の名称からATMを利用できる便利なイメージが強いのですが、もちろんそれだけではありません。定期預金だってできますし、海外送金もできます。

とはいえ、支店はありません。変わりに店舗は全国に6店舗しかなく、基本的にアプリやネット利用がメインの銀行です。その為、他行と比べるとサービス内容が少ないと感じる人も多いでしょう。

その中でローンも多くの種類は取り扱っておらず、カードローンしかありません。どのようなカードローン商品なのでしょうか。

カードローン商品概要

申込条件 セブン銀行の口座を持っている。
(口座開設の同時申込可能)
満20歳以上満70歳未満
保証会社の保証を受けられる
限度額 10万・30万・50万円
使い道 自由
(ただし事業性は除く)
金 利 15.00%
※金融情勢により変動する可能性あり。
遅延損害金 不 要
借入方法 セブン銀行ATM
ダイレクトバンキングサービス
返済方法 約定返済
(自動引落)
随時返済
(セブン銀行ATM・ダイレクトバンキングサービス)
担保
保証人
不 要
保証会社 アコム株式会社
必要書類 不 要

セブン銀行のカードローンの他のカードローンと違う大きな特徴は?

商品概要を見てわかるように、セブン銀行のカードローンには大きな特徴があるのはわかるかと思います。

整理してみます。

  • 申し込みにセブン銀行の口座が必要
  • 申し込みが69歳まで可能
  • 必要書類が不要
  • 遅延損害金がない
  • 限度額が50万円までと小口融資になっている
  • 在籍確認がない
  • セブン銀行ATMの手数料がかからない

セブン銀行の口座がないとカードローンに申し込みできないことになるのですが、同時申込は可能ですので、口座を持っていない人でも口座開設の手続きをすれば問題ないでしょう。

しかし、ただカードローンの申し込みだけよりも口座同時開設には時間が掛ることは、承知していないと後で「遅い」となってしまいかねません。他にも申し込み時間帯によっては翌日以降の対応になってしまうこともあります。

通常、審査に必要なので本人確認として免許証(コピー)などの提出書類があるのですが、セブン銀行の場合、口座開設時に必要書類の提出があるので、カードローンの申し込みの段階においては必要書類の提出がありません。これは、めずらしいと言ってもいいでしょう。

もちろん、口座開設時には本人確認書類の提出が必要なので、口座開設と同時申込の場合は、書類の用意が必要です。

カードは別途用意されるのではなく、キャッシュカードで利用できます。ですので、カードローンを利用していても、回りには分かりにくいでしょう。

これもまためずらしいのですが、遅延損害金がありません。通常は返済が遅れた場合、遅延損害金が発生します。ないのはかなり珍しいことです。だからと言って、返済を遅らせていいわけではないことだけは頭に入れておいた方が自分のためにもなると思います。

大きな特徴として、基本的に在籍確認がありません。これは提出書類がないことからも頷けるかもしれません。ただし、「絶対ない」ではなく、場合によっては電話などが入る可能性もあるのは、ある程度承知しておく必要があると思います。

当たり前かもしれないのですが、セブン銀行でのATM手数料は、借入も返済もどちらにしても掛りません。

しかし、他のコンビニATMでは借り入れ、返済そのものができません。

【こちらの記事もおすすめ!】
シンプルな金利で使いやすい!セブン銀行カードローンと他銀行を比較

だれもが持っているもの?一般的なクレジットカードについて

銀行のカードだとどうしても、キャッシュカードの他には、キャッシングカード(またはキャッシング機能付キャッシュカード)になります。(デビッドカードもありますが、若干使い方が違ってきます。)

しかし世間一般で見ると、それ以外にも買い物に使えるクレジットカードもショッピングや海外旅行に便利だと使う人が多くいます。

クレジットカードについて改めて確認します。

クレジットカードとは
ショッピングをする際、その場で、現金いらずで買い物ができるカード。後日、口座引き落としでカード会社に買い物分の支払いをする。回数払いとリボルビング払いがある。使える店舗はカード会社の加盟店。(店舗によっては、利用できないこともある。)カードによっては、キャッシング機能も付いている。

一般的なクレジットカードの特徴

  • 申込条件が、18歳以上で安定した収入がある。(審査あり)
  • 会費がある。(初年度無料や、カードや条件によっては無料になる。)
  • 支払いは後日、銀行引き落としが基本。(回数支払い、リボルビング払いなど。)
  • 使えるのは、国内または海外の加盟店。
  • 現地通貨の引き出しが海外ATMでできる。
  • 旅行やショッピングに保険がついている場合がある。
  • カード会社によりポイントがつく。

※一般的なクレジットカードについてです。それぞれクレジットカードによって、細かい内容や条件は違います。

クレジットと違うデビッド機能付キャッシュカードがセブン銀行にある

上記で少し触れましたが、クレジットカードと違うデビッドカードというものがあります。これもショッピングで使うカードですが、クレジットカードと若干特徴が違います。その違いをよく分かっていない人も確かにいます。

セブン銀行の場合、銀行なのでクレジットカードは取り扱っていません。

しかし、(もちろん申し込みは必要ですが)このクレジットカードと似たデビッド機能がキャッシュカードについています。

そもそもデビッドカード・デビッド機能とは何でしょうか。

デビッドカードとは
元々ある口座の、その時の残高の範囲内で買い物ができるカード。引き落としもその場で行われる。その為、後日残高不足で引き落としが出来ないために延滞がつくということがない。使用できる店舗はVISAやJCBなどの加盟店。(加盟店でも使えない店舗もあり。)また、海外で現地通貨の引き出しをすることも可能。

参考までにセブン銀行のデビッドカードについても少し触れてみたいと思います。

セブン銀行のデビッド機能の特徴

  • 申し込みは16歳以上。(審査なし)
  • 口座引き落としだが、即時残高がないと使えない。
  • 使えるのは、国内または海外の加盟店。
  • 提携先のATMならば現地通貨引き出しが可能。
  • 利用するとnanacoポイントが付く。

残高からその場で引き落としされるので、基本的に「お金を借りる」ということにはなりません。その点が、カードローンやクレジットと大きく違う点と言えます。当然、残高が足りなければ買い物はできません。

勘違いしている人もいる?クレジットカードとカードローンは別のもの

参考までにデビッドカードの説明もしましたが、上記で説明したカードローンとキャッシングカードについて、意外に混同している人もいたのではないでしょうか?

カードローンは、キャッシングと言う言い方もする人がおり、また使い方は同じと考えても問題はないかもしれません。厳密に言えば違うのですが、最近はあまり差がないような機能になってきてもいます。

カードローン、キャッシングは、要はお金を銀行や消費者金融から借りて、好きなことまたは必要なことなど、自由にお金が使えます。現金が手元に来ることになります。対して、クレジットカードの場合、ショッピング、食事やホテルなど、その場所で支払いが必要な時に使います。現金が手元に来ることはありません。

お金を使う、お金を借りることには変わりはないのですが、使い道やお金の流れが違っています。

ただ、それぞれのカードについてきちんと知識を持っていないと間違えてしまったり、失敗することもあるので、しっかりとその違いを知っておくといいでしょう。

その中で、買い物などクレジットカードを使うような内容でもカードローンを使うことはできます。カードローンは、使途理由が自由だからです。ならば、どちらの方が得なのでしょうか。

セブン銀行のカードローンと一般クレジットカードではどちらがお得?

セブン銀行のカードローンの特徴は上記で確認しました。これは、他のカードローンと比較してという視点になっています。

クレジットカードは全くタイプの違うカードにはなりますが、キャッシング機能もあり、ショッピングだけでなく現金を借り入れることも可能です。

セブン銀行のカードローンとクレジットカードを比べた場合、このような違いがあります。

  セブン銀行 クレジットカード
ショッピング時の支払い ショッピングの際は現金払い ショッピングではカード払い
金利 15% リボ払いの手数料~15%程度
キャッシング機能の金利は18%が多い
審査・条件等 申し込みは審査あり
(安定した収入、満20歳以上等の条件もあり)
申し込みは審査あり
(安定した収入、18歳以上などの条件もあり)
審査時間
利用できるまで
審査は最短で10分
(口座開設が必要な場合は、利用できるまで1週間~2週間はかかる)
カード利用まで数日~1週間程度が必要
限度額 ~50万円 キャッシング機能での限度額は小口融資が多い
(20~30万円が一般的)
返済 返済は月々5,000円(10万円)、10,000円(30・50万円)から
随時返済もあり
返済は基本的に一括払い、分割払い、リボルビング払
(キャッシング機能は基本的に一括返済)
書類提出
在籍確認
不 要
(口座開設同時の場合、必要)
本人確認書類の提出
在籍確認が必要
口座の有無 セブン銀行口座が必要 基本的にどこの銀行でも可能
会 費 不 要 基本的に会費が必要(条件によっては会費不要になる)
ポイント ポイントはない ポイントがつく

                              
また大きな違いとして、クレジットカードの場合は、海外での使用も考慮して、様々な保険が付帯しています。

カードの紛失・盗難だけでなく、ショッピングに関する保険や、旅行障害保険などもついている所がほとんどです。

どちらがいいのかは目的によって変わってくる!

クレジットカードとセブン銀行のカードローンを比較してみて、どちらがいいのか、使い勝手がいいのか、と考えるとどちらがいいとは断言できないのではないでしょうか。

限度額もセブン銀行は元々小口融資ですし、金利も確かにクレジットのキャッシング機能と比べると低いと言えます。

審査や申し込み条件も細かく言えば違う所は多々ありますが、口座を持っていなければセブン銀行の方でも実際に利用できるまでに時間は掛ります。

カードとして比較しようとしても、そもそもの利用目的が違いますし、カードローンの場合は、現金が欲しい時、ショッピング以外で必要な時に重宝すると言えます。

もちろん、ショッピングでも使えますが、あくまで現金が手元に必要な時にその効力を発揮すると言えます。

対してクレジットカードの場合、やはり目的は、ショッピングがメインになります。もちろん海外でも使えます。現金が不要な利用方法です。

クレジットカードのキャッシング限度額はショッピング額枠内

クレジットカードのキャッシング利用も確かにあるのですが、意外に知られていないのが、キャッシング機能が付いていてもその限度額はショッピング枠の中に含まれていることです。またクレジットカードのショッピング枠は小口融資が多いです。

金額的にはセブン銀行と大差ないと言えるかもしれないですが、ショッピングでかなり使っている場合は、必要額がキャッシング限度額内でも借り入れできない可能性もあります。

金利もキャッシング枠では、高い所が多いです。

これらの点は、クレジットカードの注意点として覚えておくといざと言う時に困りません。

使う目的によって、どちらを選ぶのかを決めるのが一番かもしれません。

コンビニ経営会社と繋がっているからこその銀行のメリットもある

カードローン単体で見ると、セブン銀行のカードローンは小口と言うデメリットとも取れる点があるのですが、逆に言えば、大金が必要でないならば、申し込みしやすく使い勝手がいいように感じるカードローンではないでしょうか。

特にATMに関しては、コンビニ経営している会社からできた銀行なので他のコンビニで利用するのは無理ですが、近くにセブンイレブンがある地域ならば、手数料もかからず便利と言えます。

ちょっとした手軽に使えるイメージもあるかもしれません。クレジットカードのキャッシングを使うのならば、こちらの方がいいと言う方もきっといるでしょう。もちろん用途によっては、クレジットカードがポイントも付くし保険もあるしで、いい面はたくさんあります。

クレジットカードは一般的な内容でもって比較していて、もちろん個々の会社による違いがあるので、クレジットカードの選択もいろいろと各社を見て決めるといいのではないでしょうか。そして、上手に両方のカードを使いこなす手もあるのではないでしょうか。

閉じる
閉じる