セブン銀行カードローンの審査時間は?借りたい人の

セブン銀行カードローンは即日融資できるの?最短で利用できる方法は

最近では即日融資を売りにするカードローンが増えていますが、セブン銀行のカードローンでも申込方法によっては即日融資の利用が可能になります。

セブン銀行のカードローンは預金口座を持っていることを前提にして申込みが可能です。

したがって預金口座が無い場合には、まず預金口座を作らなければ申込みができません。

ですからセブン銀行のカードローンで即日融資を利用するには既に預金口座を持っていて、かつ審査に通過できる必要が有ります。

ただし注意が必要なのは即日融資だけを指標にしてカードローンを選ぶのは使い勝手などが犠牲になる可能性があるためお勧めはできません。選ぶ際には時間をかけて選べる余裕を持つべきです。

カードローンと預金口座の関係とは?申込みにはキャッシュカードが必要

即日融資を考える前に、セブン銀行では預金口座と密接に関係するため、預金口座とカードローンの関係についてまず確認しておきましょう。

セブン銀行ではカードローンを利用する場合には預金口座を持っていることが前提にされています。

したがってカードローンを利用したいが預金口座を持っていないという場合には、まずセブン銀行に預金口座を作らなければなりません。

口座を開設してキャッシュカードを受け取った段階で本人確認が行われ、以後ダイレクトバンキングが利用出来るようになってカードローンの申込みもその中で行うことができます。

融資は振込でもATMからでも受けることができますが、預金口座はこの振込にも利用され、返済もこの預金口座から引き落とされることになっています。

カードローンの利用は預金口座が必要

セブン銀行はインターネット上でサービスを展開するいわゆるネット銀行という分類に属す銀行です。このため通常の銀行のように街中に多数の店舗を構えているわけではなく、店舗はごく少数です。

そこで店舗に代わる仕掛けが必要になりますが、その仕掛けがインターネット上のWebページとして作られているダイレクトバンキングというものです。

そしてそれを利用するために必要になるのがセブン銀行の預金口座です。

つまりセブン銀行の何らかのサービスを利用するには、預金口座を作ることが前提になっているのです。

預金口座はやはりインターネット上から作ることができて、まずセブン銀行のホームページから口座開設ボタンをクリックしメールアドレスを入力して送信すると折り返しセブン銀行からメールで申込方法を支持するメールが届きます。

口座の開設はそのままオンラインで行う方法と郵送による方法が選択でき、自分のやりやすい方法で申込めるようになっています。

セブン銀行では口座の開設時に本人確認を行うようにになっている為、カードローン申込時には基本的には本人確認が行われないという少し変わった形を取ります。

預金口座が無くても利用できるカードローンの利点
最近ではカードローンを利用する場合、特にその銀行に預金口座を持っていることを前提にしないカードローンが増えつつあります。大手銀行の中にもそういったものが出てきておりコマーシャルでも宣伝材料に使っています。

利用者としては預金口座を持っていないという人はまずいないでしょうから、預金口座が前提になる場合、新たに開設するか、預金口座が有る銀行かの選択になって、結局後者を選ぶ場合が増えます。

しかしカードローンの使い勝手はそれぞれ違いますから、自分に合ったものが必ずしも預金口座を持つ銀行のものが良いとは限りません。

ですから利用者側としては預金口座が有ることを前提にしたものよりも無くても良いものが増えたほうが選択肢は増えて良いものを選べる可能性は高くなります。

口座を開設してキャッシュカードを受け取ったらカードローン申込可能

こうして申し込みを行うとオンラインの場合には約1週間、郵送の場合には約10日でセブン銀行からキャッシュカードが送られてきますので、このキャッシュカード上の記載事項を利用してダイレクトバンキングにロクインします。

この時点で利用開始登録を行えば開設した預金口座を利用することができるようになりますから、カードローンを利用する場合にはローンサービスの申込みを行うことになります。

ローンサービスでは必要事項を入力して送信すれば、セブン銀行側で審査が行われますが、審査の回答は次の時間帯になります。

  • 平日
申込時間 回答時間
0:00~9:00 9:00以降順次回答
9:00~20:30 順次回答
20:30~0:00 翌日9:00以降順次回答
  • 土日
申込時間 回答
0:00~9:00 9:00以降順次回答
9:00~15:30 順次回答
15:30~0:00 翌日9:00以降順次回答

審査時間は最短10分と言われていますが概ね回答までは30分程度とされています。ただし審査が込み合っている場合には遅延しますし、場合によっては日を跨ぐ可能性はあります。

またシステムメンテナンス時や年末年始には翌営業日まで待たなければなりません。

審査時間
審査時間は技術進歩で短縮傾向にあり、どの金融機関でも自動化できている部分はすぐに終わります。したがってどの金融機関でもやろうと思えば即日審査結果を回答することは可能でしょう。

しかし金融機関には2通りの考え方が有って、この技術進歩を利用してできるだけ早く回答し即日融資を実現しようよいうものと、回答は早くはなっているが、敢えて即日融資までは実現させていない場合です。

金融機関によっては迅速審査と言いながら回答まで数日を要するようなところもあり、利用者のほうも即日利用が必要な時には十分注意してカードローンを選ぶ必要が有ります。

振込みも返済も預金口座が利用される

利用が開始されると、融資を受ける方法はダイレクトバンキングから申し込む振込依頼からとキャッシュカードを用いたATMからの融資の2通りの方法で利用することができます。

振込口座はセブン銀行に開設した口座が利用され、振込手数料はかかりません。ATMから利用する場合には、提携関係あるいは時間帯等によりATMの利用手数料がかかる場合が有ります。

また返済については月々の定期返済の場合やはりセブン銀行に開設した預金口座から引き落とされます。また随時返済する場合にはATMからの返済に加え、セブン銀行の預金口座からの返済が行えます。

即日融資はセブン銀行の口座が有ることが前提!カードローン最短利用法

最近カードローンは即日融資という言葉が流行りになっています。これは審査技術の進歩で、審査が短時間で終わるようになったため申込み当日に融資まで行えるようになったためです。

セブン銀行でも審査は最短10分を売りにしており、30分あれば利用が始められます。ただしこれには前提が有って、セブン銀行の預金口座が必要になります。

これはネット銀行であるセブン銀行ではすべてをWeb上のダイレクトバンキングから行うようになっており、カードローンの申込みもそこから行いますが、このダイレクトバンキングを利用するには預金口座を持っている必要があるからです。

契約が完了すればキャッシュカードを使ってATMから融資を受けることができるので預金口座さえ持っていれば即日利用も可能になります。

ダイレクトバンキングで申込めば審査最短10分結果受取りまで約30分

ダイレクトバンキングを使ってカードローンを申込んだら次はどうなるのでしょうか。まず先ほど説明したようにセブン銀行の方ではすぐに審査を行うことになります。最短10分で結果の回答まで概ね30分ということになっています。

したがってセブン銀行の預金口座を持っているという前提でいえばセブン銀行のカードローンは即日融資に対応していると言えるでしょう。

注意が必要なのは、審査時間は短いですが、審査技術は日々進歩しており、自動化が進んでいる為、多くの審査項目はすぐに結果が出てしまいますが、審査時間が短いからと言って審査基準の項目が少ない訳ではないということです。

このあたりを勘違いして審査時間が短いということは審査項目が少なくその分審査が通りやすいというように考えている人がいますが、それは間違いです。安易に申し込んでしまうと審査に落とされる可能性も有るのです。

審査では通常次の3点が色々な方向から調べられます。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済能力が有ること
  • 申込者が信用できること

ただしセブン銀行の場合にはダイレクトバンキングからしかカードローンを申込めませんから、既に本人確認は終わっているものと判断され、基本的には改めて本人確認は行われません。

そこでカードローンを申込もうという場合には返済することができるのか、過去にローンの滞納などの金融事故を起こしていないかなどを確認してから行うようにして下さい。

ダイレクトバンキングで即契約

審査結果の受け取りはやはりダイレクトバンキング上で行うことができ、申込後30分程度経過したら確認してみましょう。多少時間がかかる場合も有りますから、回答がくるまで待ってください。

審査通過の場合にはそのままカードローンの契約ができますから行ってください。審査が通過しても契約が交わされなければ利用することができないので注意しましょう。

カードローン利用までの手続きはこれで終わりです。預金口座さえ持っていれば実に簡単に申込みから利用開始まで進むはずです。

キャッシュカードでATMから借入可能

多くのカードローンではカードローン用のカードが発行されます。このためカードローンを申込んでもカードが届くまでは口座振込による融資を利用するか、あるいは申込後のカードの受取りだけは店舗の自動契約機で行ったりします。

しかしセブン銀行の場合にはカードローンで利用するカードにもキャッシュカードを利用しますので、通常気になるカードの受け取りを方法を考える必要が有りません。

ですからセブン銀行に預金口座を持っている場合で、できるだけ早くカードローンを利用したい場合にはセブン銀行のカードローンと言うのは最速の方法と言えるでしょう。

Web利用
ネット銀行はWebの利用が前提になっている点で独特ですが、現在では銀行であれば、申込みをすることでWeb利用はどこでも可能になっています。

したがってインターネットを活用して金融取引がしたいと考えてネット銀行の利用を検討する人もいるかもしれませんが、Web利用がしたいというだけであれば現在お付き合いのある銀行でも可能なはずです。

まず一度ホームページでどのように申し込めばよいのかを調べてみてください。ただ大概の場合はWeb利用するためには取引のある支店に行って申込みをする必要があるので、この点不便な気がします。

即日融資だけで選ぶべきではない!カードローンの良い選び方とは

このようにセブン銀行はネット銀行ということで、ダイレクトバンキングの利用が前提になり、何を行うにもまず預金口座の開設が行われなければなりません。

他の金融機関のカードローンを考えてみると特に口座を持っていなくても申込みができますので、即日融資だけを考えれば、特にセブン銀行を選ぶ必然性はありません。

ただし、即日融資に対応しているカードローンは増えているとはいえまだまだ限定的ですから、即日融資優先でカードローンを選んでしまうと、選択肢が狭まってしまい、利用者としては不利になってしまいます。

カードローンは長く利用するものですから、できれば時間をかけて、自分が使いやすいものを選ぶのが良い選び方です。即日融資を利用しなければならないような状況に追い込まれないことが大切です。

他業者なら預金口座が無くても即日融資が利用できる場合が有る

このようにセブン銀行は預金口座が有る場合には、操作も簡単で最速と言っても良いほど利用も早くできるはずです。

しかし預金口座が無ければオンラインで口座開設を申し込んだとしても利用できるまで1週間程度はかかってしまいます。

他の銀行で考えれば、カードの受け取りなどは面倒になりますが、特に預金口座が無くても即日融資が出来るカードローンは有りますから、セブン銀行に口座が無く、即日融資を希望している場合にはそれらのカードローンを選ぶべきでしょう。

もしどうしてもセブン銀行で即日融資が利用したいということであれば、あらかじめセブン銀行に預金口座を作っておけば、いざと言う時にはすぐに利用することができます。

その必要が有るかどうかは利用者次第ですから、セブン銀行に思い入れが有るかどうかということになりそうです。

即日融資優先でカードローンを見つけると選択肢は狭まる

ただし、この話は即日融資を利用するという視点で考えた場合です。本来は即日融資の利用はあまりお勧めすることはできません。

その理由は即日融資は最近対応するカードローンは増えていますが、すべてができるということでは無いためです。

カードローンは利用者によって使い勝手が違います。したがって選ぶ場合にはある程度選択肢は広いほうが自分に合った良いものが選べます。しかし即日融資を優先してしまうとこの選択肢は狭まってしまいます。

しかも即日融資を利用するには、時間的な制約も有りますから、選ぶ時間も限られてしまって、尚のこと良いカードローンを選べなくなってしまう可能性が高くなります。

ですからカードローンを選ぶ際には即日融資を優先するのはあまりお勧めできないのです。

カードローンを選ぶ場合には時間をかけて選んだほうが良い

ではカードローンはどう選べばよいのでしょうか。まず必要なのは選ぶための十分な時間です。そのためには即日融資を利用しなければならないような状況に追い込まれないようにすることです。

商売でもやっていれば急に資金繰りが必要になることは有るかもしれませんが、通常の生活では、当日になって急にお金が必要になるというような事は滅多にありません。ですから少し先が読めれば、当日になって慌てる必要などない筈なのです。

このような点に注意して、将来を見越した生活を心掛けるようにしましょう。

カードローンを選ぶ場合には十分時間を取れるようにして、自分が利用できそうなカードローンをすべて調べて、自分の要求と突き合せてもっとも要求を満たすものを選ぶようにしましょう。

カードローンは長期間利用するものですから、このように自分の要求が満たされていれば、長く快適に利用出来るでしょう。

審査に通るとは限らない!非正規業者の誘いに注意しよう

もう一つ気を付けておきたいのは即日融資が必要で急いでいるとは言っても、必ず審査に通るとは限らず、時間がかかったり場合によっては落とされてしまうことも有ります。

落とされてしまうと、申込ブラックになってしまいますから、当面金融機関でお金を借りることが難しくなります。したがって、もしそうなってしまった時にはどうすればよいのかもあらかじめ考えておくようにして下さい。

そういう場合でも、万が一にも、逃げ手として非正規業者を利用するというような事を考えてはいけません。もしそういった業者を利用してしまうと、あとあとトラブルに巻き込まれることになります。

即日融資のつもりで申込んでも審査に通るとは限らない

セブン銀行の場合もその他の金融機関の場合も、カードローンの利用は審査に通ることが前提です。しかし審査というものは予定通りに進むとは限りません。

例えば即日融資を利用したくて申込んだとしても、審査で何らかの問題が発生すれば時間が掛って申込み当日中の融資が利用出来なくなるかもしれません。

それでも翌日にでも利用できればまだよいですが、場合によっては審査に通らない可能性も有ります。

カードローンの審査には甘いと言われるものもあれば厳しいと言われるものも有り、セブン銀行の場合は審査はかなり甘いと言われています。しかし甘いと言われるものであっても審査に落ちてしまう人は必ずいるのです。

ですからカードローンを申込もうという場合には、常に審査に落ちることも有るという前提で考えておく必要が有ります。

審査に落ちたら申込ブラックになる

しかしもし審査に落ちてしまうと困ったことになります。ローンなどの金融取引というのは信用情報として業界内で共有されることになっていて、ローンを申込んだという情報も記載されます。

一度ローンに申し込むと6か月を超えない期間でこの記載が載り、この間他の金融機関はローンの申込みを断ることになります。これは短期間のうちに何度も借入れを繰り返し、結局返済ができなくなってしまうという事例があるためです。

この状態を申込ブラックといいます。したがってもし即日利用のつもりでカードローンを申し込んだ結果、審査に落とされてしまい、すぐに他のカードローンを申し込んだとしても借入れできない可能性が高いのです。

まさに踏んだり蹴ったりですが、この情報が信用情報から削除される前はこの状態が続くことになります。

非正規業者を頼ってはいけない

こういう状態になると、人によってはかなり追いつめられてしまったと考えてしまいがちです。人間追い詰められてしまうと藁をも掴むという状態になって正常な判断ができなくなるものです。

そういう状態につけ込んでくるのが非正規業者で、通常闇金と言われる業者です。もちろん正常な状態で考えれば、そんな業者を使うのは危ないという判断ができますが、追いつめられるとそれができなくなるのです。

ですから、先ほど説明したように、カードローンを借りようという場合には審査に落とされたときにはどのように対処すれば良いのかについて、正常に判断できる段階で考えておくようにして下さい。

即日融資が必要になった場合でも、常にこの非正規業者のことを考え、どんな状態になったとしても利用しなくて済むような方法を考えておくことが重要です。

ここでセブン銀行カードローンの即日融資について纏めておきます。

  • セブン銀行のカードローンは預金口座の開設が前提になる
  • セブン銀行に預金口座を持っていればカードローンは即日利用出来る
  • カードローンは即日融資優先ではなく自分の要求を満たすという視点で選ぶべき
  • 審査に通らない場合慌てて非正規業者を利用してはいけない

もし即日融資を利用するのであっても、できるだけ時間を取って良いものを選ぶようにして下さい。

閉じる
閉じる