セブン銀行カードローンの審査時間は?借りたい人の

保証会社で審査の難易度が違う!?セブン銀行の保証会社はアコム!

手軽で借りやすいということですっかり私たちの生活に浸透したカードローンですが、銀行カードローンの多くが保証会社と提携していることをご存知ですか。

保証会社とはカードローン利用者が万が一返済できなくなったときに保証してくれる会社のことです。

つまり、銀行カードローンを利用する場合には銀行の審査と保証会社の審査をダブルで受けなくてはならないのです。お金をきちんと返済してくる人という保証会社のお墨付きがなければ銀行でお金を借りることはできません。

カードローンの借入は保証会社の保証を得られることが前提!

銀行カードローンの申込資格を見てみると年齢や安定した収入があることの他に、保証会社の保証を得られる方という項目があります。

保証会社というのは銀行のカードローン業務を請け負っている会社ですが、消費者金融の場合もありますし、信販会社の場合もあります。

もともとカードローンには保証人が必要でした。しかし、保証人と債務者、債権者の間でトラブルになることも多く、またなかなか保証人になり手がおらず、制度が立ちいかない状態だったのです。

現在ではカードローンには担保も保証人も必要ありません。

保証人制度がなくなった分、以前より手軽にカードローンを利用することができるようになり、人々の間に浸透していったのです。

保証会社が保証人に変わって利用者を保証してくれるます。万が一返済ができなくなった場合、未回収分を銀行に代わって保証会社が立て替えることになります。

ただし、利用者が返済を免れるわけではなく、その後債権が保証会社に移り、保証会社が取り立てを行うとことになります。この仕組みにより、銀行は未回収によるリスクを回避するだけでなく社内の業務を軽減し、一方保証会社は利益を得ることができるようになったのです。

利用者にとっても保証人なしで借入ができるので便利になりましたが、保証会社の審査をクリアしないと借入はできません。保証会社の審査は厳しいのでしょうか。

気になる審査の難易度!保証会社の審査は厳しいのか

保証会社は消費者金融や信販会社などいろいろありますが、一般的に消費者金融は審査に通りやすいと言われています。

しかし、プロミスの審査には通ったけど、同じSMBCコンシューマーファイナンスの三井住友銀行カードローンの審査には落ちてしまったという話をよく耳にします。つまり、消費者金融が銀行カードローンの保証をする場合、ある程度銀行の水準に合わせて審査を行うと考えていいと思います。

消費者金融と銀行カードローンの基本的な違いとは銀行カードローンは総量規制対象外ということです。

総量規制とは限度額を年収の1/3に制限する法律ですが、銀行カードローンには適応されません。

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低いことを考えると、低金利で高額借入を希望する人もいるわけで、ある程度厳しく審査を行わなければ健全な経営が難しくなってしまうことも考えられます。

そのため保証会社が消費者金融であっても銀行のカードローン業務を担う場合にはある程度厳しく審査を行う必要があるのです。

【関連記事】
審査落ちにならないために…セブン銀行カードローンで見る審査対策法

保証会社の審査について

保証会社の審査ではおもにどんなことを審査するのでしょうか。保証会社の審査は通常のカードローン審査と同じです。

  • 年収
  • 勤務先
  • 他社からの借入
  • 過去の借入歴

以上が主な審査項目となります。

年収は多いにこしたことはありませんが、年収が少なくても安定した収入があれば審査に通ることは可能です。

勤務先へは在籍確認を行い、本当に勤務しているかどうか確認します。勤務実態を確認することで同時に安定した収入があることをチェックできるのです。

他社から借入がいくらあるか、何件あるかということは返済能力を測るうえでも重要です。借入金額が多ければ新たに借入をしても返済できるかどうかわかりません。銀行は総量規制対象外ではありますが、限度額は年収に応じてある程度決定されます。

カードローンに限らず金融機関でお金を借りる際には信用情報がチェックされます。この信用情報は利用者の過去の借入歴が記録されています。

過去に返済の遅れや滞納、自己破産などがあれば信用情報に問題があるとして審査に不利になることもあります。

以上が保証会社の審査の内容です。安定した収入があり、過去の借入歴に問題がなければ保証会社の審査に通り、保証を受けることが可能となります。

セブン銀行の保証会社はアコム!審査で注意する点は

次はそれぞれ銀行カードローンの保証会社をそれぞれご紹介しましょう。

銀行カードローン 保証会社
三菱東京UFJ銀行バンクイック アコム株式会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
住信SBIネット銀行Mr.カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
セブン銀行カードローン アコム株式会社

今回注目したいのは人気急上昇中のセブン銀行カードローンです。セブン銀行カードローンの保証会社は消費者金融のアコムとなっていますが、借入の際に何か注意しなければならない点はあるのでしょうか。

過去にアコムでトラブル!セブン銀行の審査に影響あるかも

銀行カードローンに申込をする場合、申込前に保証会社を確認することは重要です。過去にアコムで借入をし、その際に返済が遅れたり、債務整理などをしていれば審査に不利になることは考えられます。

個人の金融トラブルは信用情報に記録されますが、完済後5年ほどで記録から消されるのが一般的です。金融機関同士で共有されている信用情報からは消されても自社のデータベースには残っている場合があります。

ですので、過去にアコムで返済トラブルを起こしている場合、5年が経過していても審査に影響する可能性は別の保証会社のカードローンよりも高くなるというわけです。

セブン銀行カードローンの借入を希望する場合には過去にアコムでトラブルがないか確認しましょう。

それでも借りたい!セブン銀行カードローンの魅力!

保証会社であるアコムの保証を得られそうであれば、セブン銀行カードローンへの申込をぜひ検討したいところです。

セブン銀行カードローンについて最後に簡単にご紹介しましょう。

セブン銀行カードローンには6つ特徴があります。

  • 10万、30万、50万の3つのコースから選べる(金利15.0%)
  • 毎月の返済額は5千円または1万円で無理なく返済できる
  • 申込から借入までWEBでできるWEB完結
  • ローンカードとキャッシュカードの一体型
  • ダイレクトバンキングと全国のセブン銀行ATMが利用できとても便利
  • セブン銀行口座を持っていなくて同時開設が可能

申込資格

  • セブン銀行口座をお持ちの方
  • 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方
  • 一定の審査基準を満たし当社指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方

必要書類

すでにセブン銀行の口座をお持ちであれば、本人確認書類も収入証明書も不要です。同時開設の場合、所定の書類が必要となります。

申込の流れ

申込(必要事項を入力)

審査(最短10分)

契約(審査結果確認後、契約)

借入(24時間365日借入可能)

銀行カードローンでは保証会社が大事!申込前に確認を

カードローンはとても手軽になり、利用を検討している人も多いと思います。銀行カードローンを利用する場合、申込前に保証会社の確認を忘れないようにしましょう。

銀行カードローンの多くは消費者金融がカードローン業務を請け負っています。

過去に保証会社となっている消費者金融で返済トラブルがある場合、審査が若干厳しくなってしまう傾向があります。

個人の金融履歴は通常完済後5年ほどで消えると言われているのですが、自社のデータベースには残っていることがあり、それが提携先の銀行カードローンの審査に影響することがあるからです。

申込前に保証会社を確認し、過去にトラブルを起こしている場合、別の保証会社と提携しているカードローンを選ぶ方が賢明というケースもあります。むやみに申込をし、審査否決という状態が続きますと、申込履歴が信用情報として残ってしまい、さらに審査に通りにくくなるという悪循環を招きます。

数回返済が遅れた程度ではとくに問題ないと思いますので、あまり神経質になり過ぎる必要はありませんが申込前に保証会社を確認することをおすすめします。

閉じる
閉じる